【マンガ】で分かるネット・スマホ依存症「ネット依存症で脳が損傷を受ける!」

マンガで分かるネット・スマホ依存症治療

「ネット依存症で脳が損傷を受ける!」

ネット依存症で脳が損傷を受けます。

もちろんネットを日常的に使っている我々としては、ピンと来ないかもしれません。

しかしたとえば、朝から晩までネットをしていると、頭がポヤッとしてきませんでしょうか。
もし思い当たることがあるなら、ちょっと使用時間を減らすようにしてみてもいいかもしれません。

また研究者はネット依存症を、「デジタル・ヘロイン」と呼んでいます。

ネットだから安全、ゲームだから安心、ということはなく、あまりに長期的に継続していると、ヘロインと同じように、脳や体をむしばんでいくわけです。

そして連続しているとドーパミンの分泌が減り、結果的に「それしか喜びがない」という状態になってしまいます。

あなたが「ゲーム以外に楽しみがない」「ネット以外にやることがない」と感じているのなら、注意するようにしましょう。

(つづく)

こちらのWEBでは、ネット・スマホ依存症編を掲載させていただいてます。

一部のみの掲載となりますので、全部を読みたい方はぜひ単行本を!

ちなみにあらすじとして、ゲーム世界にハマりこんだあすなたちを、療が救い出すためにゲーム世界に入り込むというドラマチックなストーリーです。たぶん。何にせよぜひ。

保存版として。そして周りに依存している方がいる場合、気軽に読んでもらう用にぜひ。

【解説】依存してるあなたは、本当のあなたではありません。

「いや、俺は違う!」
「私は本当の私で、ちゃんと自分の意志で楽しんでる!」

そんな風に思う人も多いかもしれません。

しかし、依存にハマりこんでしまうと、自分の姿を客観的に見られなくなってしまうのも事実です。

目隠しをしたまま長いあいだ過ごした場合
「世界は暗闇だ。これが普通なんだ」
と思ってしまいます。

実際、ゆうメンタルクリニックに来院された患者さんで、依存から抜けた方はたくさんいます。
その多くの人が、
「依存していたときは、それだけが楽しみだと思っていた。今は信じられない」
「依存をやめるまで、他の喜びがあることを忘れていた」
と述べています。

今までのマンガを読まれて、
「自分は大丈夫! 心から楽しんでいる!」
「まったくやめる必要ない! 自分の生きがいだから!」
と思うのなら、もちろんそれは一つの答えです。何を強制するものではありません。

しかし
「ヤバいかも…?」
「ちょっと、やめてみようかな…?」
と思うのなら、ぜひぜひ! その道を進んでみてください。心から応援します。

「試しに」で構いません。

ほんのちょっとが、あなたのこれからを大きく変えていくかもしれません…!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうメンタルクリニック各院では、「依存症治療外来」も行っております。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ればシェアいただければ嬉しいです!