【マンガ】で分かる依存症治療「家族が『自分の責任』と思っちゃダメ」 | 依存症治療ネット

【マンガ】で分かる依存症治療「家族が『自分の責任』と思っちゃダメ」

【マンガ】で分かる依存症治療

「家族が『自分の責任』と思っちゃダメ!」



家族が「自分の責任」と思う必要はありません。

とにかく家族は家族で、人生を楽しむことです。

友人でも恋人でも同じ。
ある人の悪い部分を「自分の責任だ…」なんて考えて抱え込んでしまうと、どちらもその関係から抜け出せず、
結果的にお互いが苦しんで生きていくことになります。

「自分のせいではない」と考えて、まずはあなた自身が、自分の人生を生きていくことです。

その上で、「自分のせいではないけど、この人をもっとこう良くしてあげたい」と思う行動をしてあげましょう。

そうするのが、お互いにとって一番の選択肢です。

またあなた自身が何かに依存していて、
「これはあの人のせいだ」
と思っているのなら、やはりそこから一歩抜け出て、
「他でもない、これは自分のせいであり、自分で向き合って、変えていかなければいけないんだ」
と考えることです。

このように思うことが、依存から抜けていくスタートになります。

「誰が悪かった」
「あの人のせいだ」
「原因はあれに違いない…!」

そんな犯人捜しをしている限り、人生は進みません。

原因よりも大切なのは、今何をしていくか、なんですよ。

 

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。