【マンガ】で分かる依存症治療「注意は具体的に話そう!」 | 依存症治療ネット

【マンガ】で分かる依存症治療「注意は具体的に話そう!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「注意はすべて具体的に話そう!」


依存してる人への注意は、具体的に話しましょう。

注意をするときに、どうしてもあいまいだったり、概念的になってしまう人が多々います。

でも、それはあまり伝わりません。

具体的に「こうしてほしい」というのを、行動として伝えましょう。

また何かを伝えるときは、「○○して!」というと反発されてしまいます。
それよりは「▲▲してくれると嬉しい」というように「嬉しい」を使いましょう。

そうすれば、相手はすんなり受け入れやすくなります。

逆に「もっともダメな注意」が、「社会的理念」などから語ることです。

「恋人なのに、おかしい!」
「そんなことする、父親がいる!?」
「家族なんだから、これはダメでしょ!?」

このような言い方だと、相手はイライラしてしまいます。

とにかくすべての注意は、「自分の感情」を見せて、具体的に話すことです。

どうか覚えておきましょう。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。