【マンガ】で分かる依存症治療「『酒の味はおいしい』は錯覚!」 | 依存症治療ネット

【マンガ】で分かる依存症治療「『酒の味はおいしい』は錯覚!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『酒の味はおいしい』は錯覚!」



「酒の味はおいしい」「タバコの味はおいしい」は錯覚です。

味覚が鈍くなったため、またドーパミンの快感に覆い隠されて、そのように感じてしまっているだけなのです。

ちなみにやや話はそれますが。

「ワインの値段を隠して多くの人に試飲させたところ、その味の区別がつく人はほとんどいなかった」という実験もあります。
くわえて安いワインを「これは高いワイン」と伝え、また高いワインを「これは安いワイン」と伝えてから飲ませたところ、
安いワインを「おいしい」、高いワインを「まずい」と判断したそうです。

人間の味覚は決して絶対的なものではなく、イメージによって大きく左右されるのですね。

また高級なウィスキーなども、酒であることによってありがたみがアップしますが、
「アルコール分をまったく抜いて、味だけまったく同じにしたノンアルコールドリンク」を作ったとした場合…。
果たして人々は、そのウィスキー味のノンアルコールドリンクを飲むでしょうか。
たぶん大半の人は飲まないのではないかと考えます。

結局「ドーパミン」ありきで、その依存ゆえに「味もおいしい!」「味が好きなんだ!」と思い込んでしまっているだけなのです。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ればシェアいただければ嬉しいです!