【マンガ】で分かる依存症治療「『分かっちゃいるけどやめられない』は『分かってない』!」 | 依存症治療ネット

【マンガ】で分かる依存症治療「『分かっちゃいるけどやめられない』は『分かってない』!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『分かっちゃいるけどやめられない』は『分かってない』!」


「分かってるけどやめられない」はウソです。
単に「分かってない」だけです。

実際、誰かに何かを伝えようとすると、「分かった分かった!」と、「すぐ分かっちゃう人」がたくさんいます。
この「分かった」は「うるさいもう言うな」という意味で、決して本当の意味で「理解した」ではありません。

ではこの場合、説得はまったくの無意味なのでしょうか。

いえ、そんなことはありません。

心理学では「スリーパー効果」というものがあります。

ある内容を聞いた場合に、時間と共に、その内容がどんどん深く理解できてきたり、
印象が強く変わってきたりすることを言います。

たとえば「あの時に見た映画のシーンは、こんな意味だったのか…!」と思ったり
「あの本で言ってたのは、こんな内容だったのか…!」と思ったりすることも、スリーパー効果です。

これは告白などでも同じで、最初はフラれたとしても、あとから相手が好意的に感じてくれる可能性もありえるのです。

ですので「今、理解してもらえていないから、意味がなかった」と考える必要はありません。

どんな知識でも、どんな話でも、思ったことはきちんと伝えておくことが重要なのです。

周囲に依存に悩んでる方、また依存を認めない人もいるかもしれません。

でも、ケンカにならない限り、あなたの気持ちを伝えておくことに、ソンはないんですよ。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。