【マンガ】で分かる依存症治療「『酒で悩みが軽くなる』は誤解!」 | 依存症治療ネット

【マンガ】で分かる依存症治療「『酒で悩みが軽くなる』は誤解!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『酒で悩みが軽くなる』は誤解!」



「酒を飲んで悩みが軽くなる」のは「時間がたったから」です。

これはすべての依存についても言えます。

タバコでもネットでも同じです。

「悩みがあるし、疲れたからタバコを吸おう」
「どうしようもなくなったから、ネットをしよう」

こんな風に依存にハマりこみ、時間がたったあとに
「あれ…? 気持ちがラクになった…」
と思うことはあるかもしれません。

しかしそれは、依存によってラクになったわけではなく、重ねて「時間がたったから」です。

そして依存は、ドーパミンを効きづらくすることで苦痛に耐える力を弱めてしまいます。
もしあなたが「依存行為ナシには耐えられない」と思うのなら、それは重ねて、依存のおかげで苦痛に弱くなっているからです。

もし心当たりがあるのなら、とにかく一日でもいいので、依存から離れてみることが重要です。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。