【マンガ】で分かる依存症治療「依存で苦痛に弱くなる!」 | 依存症治療ネット

【マンガ】で分かる依存症治療「依存で苦痛に弱くなる!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「依存で苦痛に弱くなる!」


依存によって苦痛に弱くなります。

これはドーパミンに苦痛を和らげる作用があるためで、ドーパミンの反応低下により、苦痛やストレスに弱くなってしまうのです。

よくタバコを吸う人は、上司に呼ばれたり、ちょっと問題が生じただけで、すぐに喫煙室に向かうものです。
そういう人にとっては「タバコなしには耐えられない」わけですが、言うまでもなく、タバコを吸わない人は、タバコを補充しなくとも、それらのストレスに耐えられます。

これはまさに「タバコを続けることによって、ストレスに弱くなっている」「苦痛に耐えづらくなっている」状態と考えられるのです。

ここから抜けるためには…

やはり言うまでもありません。「やめる」しかないのです。

これはネットやゲームでも同じです。

何かストレスがかかったり、大変な仕事をするたびに、ついついネットやメールやLINEをチェックしてしまう…。
これも実は同様の可能性があります。

もちろんメールなどを「やめる」わけには行かないでしょう。

であれば「時間を決める」「電源を切り、日中は見ない」などの手段が一番ではないかと考えます。

何にせよ、依存はあらゆる意味で人間を牢獄に閉じ込めてしまうもの。

そのことは知っておきましょう。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。