single image
ギャンブルのアート

ギャンブルにまつわる有名な芸術作品ベストコレクション

多くのギャンブル好きは、ギャンブル関連の芸術作品を見つけたがります。特に、ギャンブルの場面を描いた人気の絵画に、興味を抱く人は多いです。世界中からギャンブル芸術作品に関する情報を得る方法は、たくさんあります。様々な時代のギャンブルを表現した絵画から、最も有名でおすすめの絵画まで、チェックすることができます。人は時代を通して、ゲームへの欲求を抱いてきました。世に認められたアーティストたちは、プロとしての作品のインスピレーションを、非日常的な題材や風変わりな場所に求めます。ギャンブルというのは、驚くほどの作品を創るには好ましい題材です。画家たちは、絵画の中にギャンブルの素晴らしい一面を描き入れます。創作精神に溢れており、ギャンブルを題材にした作品において、そのあらゆる面の魅力を高めてくれるのです。

エドヴァルド・ムンク 『モンテカルロのルーレット台にて』

エドヴァルド・ムンクは、『叫び』の作者として人気があります。世界中に多くのファンがいます。最高クラスの絵を描くことに生涯尽くしました。例えば、『叫び』という作品は特に、世界中で高く評価されています。また、ムンクは、モンテカルロの人気カジノに足しげく通っていました。傑出した作品を作るにあたって、カジノの情景からインスピレーションをえました。その結果として、『モンテカルロのルーレット台にて』という作品が生まれました。カジノでの思い出と、そこで感じたことを画にしたものです。様々なスタイルを模索しながら描き足し、この完璧な作品を作ったのです。

カラヴァッジョ 『トランプ詐欺師』

カラヴァッジョは、『トランプ詐欺師』という名で知られる絵画を描きました。この絵は、見る者すべてに当時の最高のギャンブルシーンを垣間見せてくれます。『トランプ詐欺師』を完成させたことは、カラヴァッジョの芸術家としてのキャリアにとって、非常に重要な転機を象徴しています。著名なカヴァリエーレ・ジュゼッペ・チェザーリ・ダルピーノの工房を去った後に、この画を描きました。『トランプ詐欺師』は、カラヴァッジョが独立して初の作品だったのです。

ポール・セザンヌ 『カード遊びをする人々』

ポール・セザンヌは、後期印象派のフランスの画家です。カード遊びをする人々を描いたシリーズ作品を残しています。すべて似通った作品ですが、様々なサイズがあります。カード遊びをする人々の絵は、最高クラスのもので、バーにいる人々の日常を描いています。その中には、必ずカード遊びが含まれています。セザンヌは、『カード遊びをする人々』を描く以前にも、色々なスケッチや人物像を山ほど描いています。

シェリー・ウィルカーソン 『スロットマシンクイーン』

『スロットマシンクイーン』は、ギャンブルを題材にした絵画の中でも、最も知られていない部類に属します。シェリー・ウィルカーソンは、鮮やかな色味を使っており、スロットで遊ぶ女性を描いた作品です。ギャンブルのカテゴリーにおいては、バッドアートの代表作でもあります。なぜなら、ギャンブルに関連した絵画というのは、ほとんどキッチュな作風で占められているからです。

カシアス・マーセラス・クーリッジ 『ポーカーをする犬』

『ポーカーをする犬』は、ポーカーのカテゴリーにおいて、全時代を通して最大の人気を博した絵画です。カシアス・マーセラス・クーリッジによって、この素晴らしい絵は描かれました。8種類の絵を描き、長年の間に数々の複製が作られました。クーリッジは「誰も聞いたことのない最も有名なアメリカ人アーティスト」という称号を与えられました。クーリッジの作品の多くは、バッドアートないしはキッチュと見られています。このシリーズは、人気があり、昔は多くの人が欲しがったものです。

You may like

Load More