single image
ギャンブルのアート

ギャンブルにまつわる有名な芸術作品の詳細解説

ギャンブルというのは、利益を期待して、お金や価値のある物に賭けることですが、一方で、リスクに直面することも承知しているのです。数字やパターンを読み、観察し、頭脳に挑戦しなければいけません。ゲームに勝つためには、戦術や戦略と使って脳を鍛えていきましょう。

有名なアーティストたちは、作品を通して、芸術とギャンブルを結びつけました。そういった絵画は、ギャンブルをインスピレーションの源として利用しています。こういったギャンブルに関連した絵画は、大変人気を集めました。信じられないほどの高値で売れています。以下では、ギャンブルに関連した有名な芸術作品や絵画をいくつかご紹介します。

 ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ作『トランプ詐欺師』

『トランプ詐欺師』は、非常に有名な絵画です。ギャンブルに関する絵画の中で、最高にユニークな作品で、16世紀に創作されました。こちらの絵の中では、カードゲームをする二人の少年が描かれています。一人は背中にカードをこっそり隠し持っています。もう一人の純粋な少年の肩の近くには、別の男が立っていて、カードをのぞき見てこっそりサインを送っています。この絵は、ギャンブルでよく見られるドラマを描いています。

 カシアス・マーセラス・クーリッジ作『ポーカーをする犬』

この絵はよく知られており、人気も博しました。10年以上にわたり、葉巻の宣伝のために6枚の作品が作られました。様々な犬種の犬がテーブルを囲み、葉巻を吸いながらトランプのポーカーに興じているのが描かれています。アメリカのポップカルチャーの中でも人気のある絵です。何本かの映画でも使用されています。

 ポール・セザンヌ作『カード遊びをする人々』

このフランスのアーティストは、1890年にカード遊びの絵を描きました。5作品にわたるシリーズで、キャンバスに美しい油彩の色をばら撒いた作品です。酒を飲み、煙草を吸いながら、カード遊びをする人たちが、田舎風の背景に描かれています。

 エドヴァルド・ムンク作『モンテカルロのルーレット台にて』

エドヴァルド・ムンクは、よくカジノへプレイしに通っていました。かなりのカジノ好きだったようです。カジノでのプレイにあまりに魅了されていたことは、この『モンテカルロのルーレット台にて』を描く上でのインスピレーションとなりました。この絵のギャンブルのテーマは、現代の画家に大変刺激を与えました。

 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作『クラブのエースを持ついかさま師』

傑作『クラブのエースを持ついかさま師』は、最初は1629年に描かれました。この絵では、二人の女性が一人の紳士とカードゲームをしています。男性の方が2枚のカードをベルトにはさんで、いかさまをしている様子が描かれています。女性の怪しい男性への疑念を描写した絵です。この絵は1635年に少しの修正が行われました。修正後の絵の題名は『ダイヤのエースを持ついかさま師』と名づけられました。

You may like

Load More