single image
ギャンブル

カジノやギャンブルをテーマにした数少ない芸術作品

芸術に関心があり、お金持ちで贅沢な暮らしをしている人は、ギャンブルのある生活を好むものです。カジノでのゲームであれ、スポーツの賭け事であれ、プレイを鑑賞するでしょう。カジノやギャンブルをテーマにした人気の芸術作品がいくつかあります。ギャンブルが登場したての頃は、大金持ちにとっての娯楽でしたが、今では中流階級の人たちでも、ギャンブルをする人は多くいます。

円卓で『ポーカーをする犬』

円卓で『ポーカーをする犬』を描いた絵画は、ギャンブルを題材にした有名な芸術作品であり、19世紀にカシアス・マーセラス・クーリッジによって描かれました。この作品の本当の題名は、『ポーカー・ゲーム』です。他の18枚の絵と組み合わせると、一つの大きな絵になります。当初、価値のない作品だと思われていました。時代とともに、この作品の価値は上昇しました。2015年には、ニューヨークでのオークションで、65万8千ドルで落札され、当時の最高記録となりました。

クーリッジという画家は、犬が人間のする事をしている場面を描いた芸術作品を多く作りました。人気の作品の中には、ブラックジャックをする犬、手紙を読む犬、ボールルームで踊る犬、法廷で証言する犬などがあります。クーリッジの有名な作品シリーズとなっています。 

カードゲームにまつわる絵画

・ 様々なカードゲームの種類があり、その起源は14世紀にまで遡ります。

・ カードゲームの人気は、東アジア地域からヨーロッパに向け、急速に広まりました。

・ 革新的な芸術作品では、カードゲームの勝者と敗者の双対性がよく描かれています。

・ ある作品では、ギャンブルで貧困から抜け出し、貧乏人から富裕層になる人物が描かれています。

・ 他の作品では、家族の貯金をギャンブルで使い果たしてしまう敗者も描かれています。

・ バロック時代の作品は、ギャンブルのいかさまを独自の視点から示唆しています。

19世紀半ば、写実主義の絵画では、ギャンブルを描写することが成功しやすいテーマだと考えられるようになりました。また、ダレン・トンプソンによる油断のない視線のシリーズも、ギャンブルに関連する有名な絵画です。くすんだ控えめな色を使い、人々の視線を手前の景色に集めています。そうすることで、ギャンブルをしている人たちが、影のようにぶら下がっている様に見えるのです。トンプソンは、ルーレットをテーマにしたギャンブルの芸術作品で、ルーレットの輪を黒色と赤色で描きました。芸術界全体としても、過去10年間で成功したアーティストでした。

Load More