【マンガ】で分かる依存症治療「依存から抜けるのは恐怖じゃない!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「依存から抜けるのは恐怖じゃない!」

依存から抜けるのは、恐怖ではありません。

依存している人は、それをやめることを提案されると、

「そうしたら、楽しみがなくなってしまう!」
「自分はずっと酒と一緒に生きてきたから、それがない人生なんて考えられない!」
「ネットがなくなったら、生きていられない…!」

というように不安がります。

特に「喜びがまったくなくなってしまう!」という人も多々おります。

しかし!

実際にやめてみると、そんな不安はまったく意味をなさないことに気がつきます。

それどころか「自由になれた」と思う方や、
「今までの世界が、どれだけ縛られていたか分かった…!」という方もたくさんいます。

たとえばタバコを吸う人は、タバコを中心に生活が組み立てられています。
出かけるにしても、タバコが吸えない時間が気になりますし、またタバコを吸える場所を常に探さなくてはなりません。
しかしタバコをやめれば、それらすべての心配がなくなります。

ネットも同じで、たとえば「ネットサーフィンは楽しい」「あのサイトを見ないなんて考えられない」と感じている人も、やめてしまえば、
「どうしてあそこまで、ネットやあんなサイトにこだわっていたんだろう…?」
と思うものです。

あなたがやめた後のことを不安に思うのは、「まだ依存の中にいるから」。
やめてしまえば、世界は驚くほど明るくなっているはずです。

 

単行本も発売しています!ぜひ!

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。