【マンガ】で分かるネット・スマホ依存症「ゲームで脳への血流が下がる!」

マンガで分かるネット・スマホ依存症治療

「ゲームで脳への血流が下がる!」

デジタルツールで、脳への血流が下がり、発達が悪くなります。

以前のマンガで「同じ時間勉強をしていても、デジタルツールを使う時間が増えるほど、成績が悪くなる」という話をしました。
この理由がこちらになります。

ゲームなどを長時間行うことで、正確には、脳の「前頭前野」という部分への血流が下がり、それを繰り返していることで、前頭前野の発達が明らかに悪くなるそうです。

ちなみにこの研究をされた川島隆太教授ですが、かなり昔に、ニンデンドーDSで「頭の良くなるゲーム」を監修されておりました。

………。

うん。まぁ。
そのあたりは、言わないお約束でしょうか。

まぁ、ゲームで脳の発達が悪くなるという前提で考えると、「プラマイ0」なのかもしれません。

とはいえ、長期的にゲームを行った場合の話なので、「短時間だけゲームをして頭を鍛える」とかにすると、もしかしてプラスが上になるのかもしれません。
とはいえまぁ、この「ゲームで何かの訓練を行うと頭が良くなる」ということすらも実はまぁ、正しいかは不明で、そのあたりも今後のマンガで扱っていきましょう。

(つづく)

こちらのWEBでは、ネット・スマホ依存症編を掲載させていただいてます。

一部のみの掲載となりますので、全部を読みたい方はぜひ単行本を!

ちなみにあらすじとして、ゲーム世界にハマりこんだあすなたちを、療が救い出すためにゲーム世界に入り込むというドラマチックなストーリーです。たぶん。何にせよぜひ。

保存版として。そして周りに依存している方がいる場合、気軽に読んでもらう用にぜひ。

ゆうメンタルクリニック各院では、「依存症治療外来」も行っております。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。