【マンガ】で分かるネット・スマホ依存症「日本は中国・韓国よりネット依存が多い!」

マンガで分かるネット・スマホ依存症治療

「日本は中国・韓国よりネット依存が多い!」

日本のネット・ゲーム依存症は、中国・韓国より深刻な状態です。

中国や韓国ではネット依存症は社会問題になっています。
それこそ、ネットやゲームを続けて、疲労して亡くなってしまう方も出ています。
恐るべしです。
お酒を飲み続けて亡くなってしまう方もいるので、依存としては同レベルなのですね。
いえそれどころか、お酒は肝臓で代謝する必要があるので、飲み過ぎてしまうと「もうムリ」と感じて、ストップをかけなければいけないと感じるものです。

しかしネットやゲームは、何かが体の中に溜まるものでもないので、それこそ「エンドレス」にやってしまうことも多々あります。
これはギャンブルでも同じですね。

ある意味、お酒などより、よっぽど恐ろしい依存症なのです。

そしてマンガにもあるように、中国や韓国では、国をあげて依存症対策に乗り出しています。
特に韓国にもギャンブル施設はありますが、これは「外国人向け」であり、韓国人は基本的にプレイできないように定められています。

今回、日本でもカジノが解禁になるわけですが、果たしてその恐ろしさを認識した上で解禁されているのかは不明です。
ギャンブルといえば、パチンコやスロットも、日本ではほぼ野放し状態です。

日本は、総じて「依存」に甘く、特にネット・ゲーム・ギャンブルで、その傾向はさらに強くなっています。
「国が認めているからOK」「何も言われないから大丈夫」などではなく、自分たち自身で「これはヤバいかも」「やめないといけないかも…!?」など考えていく必要があるのではないかと思います。

(つづく)

こちらのWEBでは、ネット・スマホ依存症編を掲載させていただいてます。

一部のみの掲載となりますので、全部を読みたい方はぜひ単行本を!

ちなみにあらすじとして、ゲーム世界にハマりこんだあすなたちを、療が救い出すためにゲーム世界に入り込むというドラマチックなストーリーです。たぶん。何にせよぜひ。

保存版として。そして周りに依存している方がいる場合、気軽に読んでもらう用にぜひ。

【解説】依存してるあなたは、本当のあなたではありません。

「いや、俺は違う!」
「私は本当の私で、ちゃんと自分の意志で楽しんでる!」

そんな風に思う人も多いかもしれません。

しかし、依存にハマりこんでしまうと、自分の姿を客観的に見られなくなってしまうのも事実です。

目隠しをしたまま長いあいだ過ごした場合
「世界は暗闇だ。これが普通なんだ」
と思ってしまいます。

実際、ゆうメンタルクリニックに来院された患者さんで、依存から抜けた方はたくさんいます。
その多くの人が、
「依存していたときは、それだけが楽しみだと思っていた。今は信じられない」
「依存をやめるまで、他の喜びがあることを忘れていた」
と述べています。

今までのマンガを読まれて、
「自分は大丈夫! 心から楽しんでいる!」
「まったくやめる必要ない! 自分の生きがいだから!」
と思うのなら、もちろんそれは一つの答えです。何を強制するものではありません。

しかし
「ヤバいかも…?」
「ちょっと、やめてみようかな…?」
と思うのなら、ぜひぜひ! その道を進んでみてください。心から応援します。

「試しに」で構いません。

ほんのちょっとが、あなたのこれからを大きく変えていくかもしれません…!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうメンタルクリニック各院では、「依存症治療外来」も行っております。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。