【マンガ】で分かる依存症治療「苦しいからこそ抜けられない!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「苦しいからこそ抜けられない!」


依存は「苦しい」からこそ抜けられません。

依存は、確かにその瞬間は快感です。
しかしその後に、それ以上のつらさや苦しみが襲ってきます。

このときに「苦しいなら、やめればいいのに」と当然ツッコミをしたくなるはず。

しかし本人にとっては、その苦しみすらも、実は「安心」だったりするのです。

なぜならその苦しみは「予想通りに起こるもの」だから。

世の中には「どうなるか分からない不安」などがたくさんあります。

そんなときに依存者は、依存行為によって苦しみが起こっても
「あぁ、予想通りの展開になった」
と思い、軽い安心感を抱くことができます。

これは対人関係でも同じ。
たとえば好きな人とつい口論をしてしまう人がいたりします。
「本当は好きなのに、どうして口論しちゃうの!? 何でカレを怒らせちゃうの!?」
と悩むかもしれません。

しかしこれも「口論すれば、相手は確実に怒る」「間違いなく相手を動かせる」と、心の底で分かっているからです。

だからこそ、ついつい繰り返してしまうわけですね。

でも当然ですが、この先に、幸せな未来はありません。

依存は快感でも苦しみでも、人を縛りつけます。
とにかく試しに「一日でもいいから、やめてみる」ということを心掛けてみてください。

 

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
単行本も発売しています!ぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。