【マンガ】で分かる依存症治療「『依存は麻酔薬』は間違い!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『依存は麻酔薬』は間違い!」



依存について「麻酔だ」と言う人がいます。
でもそれは間違いです。

本人に言わせると
「酒やタバコによって気持ちが楽になり、それにより何かの行動がしやすくなる」
「勇気が必要なときに、勇気がもらえる」
というような内容になります。

しかしそもそも、依存していない人は、依存行為によって「勇気」を得なくても、行動することができます。

結局のところ、何かに依存することにより、ドーパミンが分泌されづらくなっているため、苦痛やストレスに耐えにくくなっているのです。

そのため依存行為により、強制的にドーパミンを出さないと、行動しづらくなってしまっているわけです。

これを防ぐための方法は、たった一つ。「やめる」しかないのです。

 

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。