【マンガ】で分かる依存症治療「『自己破壊のために依存する』は錯覚!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『自己破壊のために依存する』は錯覚!」



時々「依存してるのは、自己破壊のためだ」という人がいますが、言い訳に過ぎません。

本当の意味での「毒」を意図的に飲もうとする人はいません。

もちろん自殺を願う人は飲むかもしれませんが、ただ「自殺のために毒を飲むというのを何度も繰り返す」なんてことを望む人はいません。

結局、苦しむこともありつつも、同時に「快感」があるからこそ、人はその行為を何度も繰り返してしまうのです。

「何度も繰り返す」=「実は快感がある」

この法則を覚えておくと、色々な場面で役に立つかもしれません。

ですのでたとえば、

「本当はこの行為をしなきゃいけないのに、決断ができない」

というように、何度も悩んでしまう人。

これは「決断力がない」のではなく、
「何かの行為をしなきゃいけないのに、それをしないでただ先延ばしにすることに、実は快感がある」
と考えてみるのも、そこから抜け出すヒントになるのではないでしょうか。

 

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。