【マンガ】で分かる依存症治療「依存への注意はシンプルに!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「依存への注意はシンプルに!」

依存への注意は短くシンプルに行いましょう。

あまりに長くなってしまうと、相手にもよく伝わりません。
何よりあなた自身も、言いたいことがボヤけてしまうはずです。

これは依存に限らず、すべての注意で言えることです。

何かを言いたいときは、とにかく短くシンプルにしましょう。
できれば「1つ」が理想ですが、多くなっても「3つ」までに絞るのが理想的です。

これはスピーチやライティングなどでも使える話で、

「大切なことは三つあります。一つは○○、二つ目は▲▲、三つめは★★」

というように話せば、いかにもまとまっている印象があります。

童話「桃太郞」や「孫悟空」の仲間も三匹ですし、「三匹のこぶた」などの話もありますね。

話において「三」をキーワードにするとまとまりやすい、という意識は昔からあるのかもしれません。

ちなみに自分はフラれたときに「どうして?」と聞いた際に、
「つまらない、うっとうしい、疲れた」
という三つの理由を伝えられたことがあります。

「それ三つあるようでいて、根っこは一緒だと思う」

と返したところ

「確かにそうだ」

と納得いただけました。
そしてちゃんと別れました。

最後に思ったことを伝えられて良かったです。
切ない気持ちを抱えつつここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。