【マンガ】で分かる依存症治療「依存者の世話を焼いたらダメ!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「依存者の世話を焼いたらダメ!」




依存している人の世話を焼いたらダメです。

誰でもついつい、依存している人の世話を焼きたくなってしまいます。

でもそれは地獄へ一直線。
本人は「あぁ、これで依存してても大丈夫」と思って、どんどんハマりこんでしまいます。

実際、依存者の周囲には、必ず「イネーブラー」がいます。

家族は「困った困った、あの人の依存をやめてほしい!そのためなら何でもするのに…!」と言いながら、
実は「かえって依存を続ける手助けをしている」ということが多々あります。

自分自身、そういうご家族を診察でたくさん見てきました。

とりあえず「自分は、あの人の世話をしていないか?」「あの人が起こしたダメなことの後始末をつけていないか?」ということを考えてみることです。

これは何かの犯罪でも実は同じ。

誰かが犯罪を起こしたときに、親などが被害者に和解金などを払って、事件を解決してあげる…なんて話はよく聞きます。
しかしこれ、あまりいいことではありません。本人は「あぁ、何かしても、こうやって解決できるんだ」と学習してしまいます。

本人の悪い面は、きちんと本人にその責任を取らせた方がいいのです。

何かあったときは(ないに越したことはないですが)、覚えておくといいかもしれません。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。