【マンガ】で分かる依存症治療「『減らす』より『完全になくす』方が、ずっとラク!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『減らす』より『完全になくす』方が、ずっとラク!」



「依存をやめるために、毎日ちょっとだけにする」は、一番つらい選択肢です。

たとえば

「タバコを一日20本吸っていたから、今日から10本にしてみよう」
「ビールを毎日3本飲んでいたから、これから1本にしてみよう」

これ、考えたときに、すごいいい思いつきだと思いますよね。

そして試してみると、最初のうちに

「ビール1本だけで頑張ってる! そして1本だけだから、味わって飲んでいる! やったぁ!」

なんて考えるかもしれません。

でも、最初だけです。

数日もすると、1本飲むたびに、つらい気持ちになってきます。

「本当は3本は飲みたいのに…。何で俺は1本でガマンしてるんだ…!?」
「タバコをもっと吸いたいのに、どうしてこんな量で耐えなきゃいけないんだ…!」

そして、しばらくすると、またいつの間にか、「元の量」に戻っていきます。

ちなみにこれ、厳密に「管理してくれる人」がいれば、別です。

たとえば精神病院では、タバコの一日の本数は、完全に管理されています。

この状況であればキッチリ本数を守れるはずです。
しかし退院後は、言うまでもなく、またヘビースモーカーに逆戻りです。

また昔「ゲームは一日一時間」という標語がありました。
これも言うまでもなく、守られている家庭なんてほとんどありませんでした。
親が厳密に管理すれば可能ですが、親の目がなくなると、当然みな何時間もやり始めていました。

特に「管理」がなく、自分の力だけでやめなければいけない現状、本気でやめたいなら「全部やめる」しかないのです。

万一、その結果、ガマンできずに「一日3本だけタバコを吸う」などに落ち着くこともあるかもしれません。

しかしそれでも「最初から一日3本を目指す」より、ずっと減らせるわけです。

何にせよ、依存をやめるときは「スッパリ」と覚えておきましょう。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。