【マンガ】で分かる依存症治療「ウォルト・ディズニーも酒とタバコに依存していた!」

【マンガ】で分かる依存症治療

「ウォルト・ディズニーも酒とタバコに依存していた!」


ドーパミン受容体が少ない人ほど、ハマりやすいとされています。

以前に「ADHD編」で話したことがありましたが、ADHDの方は、ややこの傾向があり、何かにハマりやすいようです。
もちろん必ずしもすべてのADHDの方が当てはまるわけではないので、あくまで傾向の一つとして覚えておくといいかもしれません。

かのウォルト・ディズニーも実はADHD傾向があったとされています。

そして長年に渡りたくさんのタバコを吸い、また晩年にはお酒をたくさん飲み、結果的に60代で体を壊して亡くなりました。
本人は亡くなる前に「あと15年生きたかった」と言い残していたようです。

「だったらタバコやお酒をやめれば良かったのに」とツッコミたくなるわけですが、
もちろん、そう認識しつつもやめられないのが、酒やタバコの恐ろしさなわけです。

でもあれだけ偉大な人であっても、依存に悩んでしまうというのは、どれだけ依存は恐ろしいものかの証明になるように思えます。

「依存症治療外来」も開始いたしました。お気軽にご連絡いただければ幸いです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。