【マンガ】で分かる依存症治療「『それナシの人生は考えられない!』は危険信号~失楽園仮説」

【マンガ】で分かる依存症治療

「『それナシの人生は考えられない!』は危険信号~失楽園仮説」




「酒やタバコやネットがない人生なんて考えられない!喜びがない!」は危険信号です。

依存によって、ドーパミンの反応はどんどん低下します。

そしてそれは、依存対象だけでなく、「生活全般」においても言えます。

すなわち、「酒やタバコやネット以外の楽しみや喜びがない」というのは、すでにドーパミンの反応性が低下している可能性があるのです。

まさに「それしか楽しみがない」という状態は、依存の牢獄とまったく変わりがないわけです。

またこの思考の動きは、すべて「いつの間にか」起こっているのが、依存症の怖いところです。

ある瞬間から、突然に喜びが減る…などでなく、じんわりじんわり、気づかないあいだに起こっていきます。

だからこそ、誰もがどんどん抜けられなくなってしまうわけですね。

あらためて聞きましょう。

酒、タバコ、ネット、ゲーム…。

「それがない人生」は、ちゃんと考えられますか?

ykcl142-0002
ちなみに単行本も発売しています!いち早く全部読みたい方はぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。