【マンガ】で分かる依存症治療「依存は必ず慣れてくる」

【マンガ】で分かる依存症治療
「依存は必ず慣れてくる。」



ドーパミンは、同じ刺激を続けていると、どんどん反応性が鈍くなっていきます。

タバコの量が増えていったり、お酒の量が増えていったりするのも、それが原因です。

これはネットやゲームでも同じかもしれません。

たとえばツイッターやフェイスブックで、誰かのリプライが一つついただけで、すごく嬉しくなった。自分のツイートが一回「いいね」されただけで、すごく幸せだった。

しかしいつの間にか「それが当然」になってしまい、1回や2回、「いいね」されたくらいで満足できなくなってしまう…。

いわゆるネットで「やり過ぎた内容」を投稿し、問題になってしまうのも、もともとはそれが理由かもしれません。

何にせよ、ドーパミンが大きく出て、依存につながる行為は、必ずどこかで「慣れ」が生じてしまうのです。

ある快感が「慣れてきた」「同じ快感のために、量が増えてきた」という方は、一段注意してみましょう。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も、まもなく発売です。よろしければ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。