【マンガ】で分かる依存症治療「依存の前には、みんなが無力」

【マンガ】で分かる依存症治療

「依存の前には、みんなが無力。」


「依存をコントロールし、楽しめる人」なんて存在しません。

「麻薬をコントロールし、楽しめる人」が存在しないのと一緒です。

やった人は、すべてがその力の前に降伏し、依存し、体を壊すしかありません。

結局「自分は楽しんでいる」「私は大丈夫」「必要でコントロールしている」というのは「錯覚」なのです。

まず重要なのは「自分は依存しているかもしれない」「自分は楽しんでいるように見えて、結局は依存対象に操られているだけかもしれない」と考えてみることが大切です。

重ねて依存は「食虫植物」と同じで、その上に乗っている人には、依存の恐ろしさは分かりません。

そして体を壊したり、引き返せないレベルのところに来て、「もしや…」とやっと気づくのです。

あらためて主張します。

依存の前には、誰もが無力です。

コントロールできる人なんて存在せず、ただ「飲み込まれる」か「逃げるか」。それだけです。

ykcl142-0002
ちなみに単行本も、まもなく発売です。よろしければ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。